奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

首輪

やっぱり地震のせいで、今週はノーデート決定。

しかも連日残業続きなのに、土日も両日共、仕事になったそう。

災害があるとモロに影響を受けてしまう業種の彼。

ワールドカップも気になるようだし、体調大丈夫かな💦と、すごく心配。


車で移動中の時はずっと電話をくれている。

毎日最低1時間は話している気が...

プレゼントしたBluetoothのイヤモニが大活躍中。


ただただ、身体と地震が心配なだけで会えないのは仕方ないと諦め切っていたのに、

「俺だって雪と一緒にいたいよ...でもしょうがない」と。

「待って。私怒ってないよ??」

「え?あ、そうだったね💦 でも俺の事好きでしょ?」と、上からな質問。

「そうでもないよ😅」と答えると

「ぎゅーってして欲しくないの?」と。

「今はいいかな〜😝」

「そうなの?じゃあ俺の事はどれ位好き?」


(ただ単に好きって言ってもらいたいだけやないかい!素直じゃないな〜。自分からは絶対言わんくせに)


「シマ腸の次位に好きかな♡」と言ってあげると、「シマ腸に負けた〜〜!」と嬉しそうにしてはりました。


やっぱり「好き好き大好き!!この世からシマ腸なくなってもいい位にだぁ〜〜い好きっ!チュッチュッチュッ〜〜!」とかって言わなくなってから、こんな風に彼から『おねだり』されるようになった気がします。


本当はシマ腸より大切で、愛しい人なのですが💦


電話を切る度に、また大きな地震が来て飲み込まれもう会えなくなるんじゃ?と言う不安でいっぱいです。


それを表に出しちゃうと、不安がる私を何とかしたいと思う彼なので、今私が出来る唯一の事は、おとなしく待て!だと思うので、ハウスして待っています。



メルカリの売り上げが10万円軽く超えました。

なので「旅行に行こうよ♡」と彼をお誘いしましたが、だんまり。

「お金ならあるよ?」と言ってみても

「お金の問題なんかじゃないんだよ💦どうしても簡単に返事出来ない...」って言われてしまいました。

「すぐにってわけじゃないよ?冬とかに蟹旅行とかさ...」って言ってみても、

「約束できない。家を空けられない」と。

「行きたい気持ちはずっとあるけど、現実問題なかなか...」と歯切れの悪い答え。


ちゃぶ台ひっくり返したい気持ちでいっぱいに...。

そんなに家庭が大事なんだな〜と。

やっぱり私と家庭を見事に切り替えられるマメな人なんだね。

私の前では私だけしか見えていないようなフリできるって事は、家庭に戻れば家庭しか大切にしていないフリも出来るって事?!


何も海外に行こうよとは言ってないのに。

本当に大事に思ってるなら、多少無理してくれてでも叶えたくなるんじゃないの?と、いきなり黒雪登場しちゃいそうに。


でもぐっと堪え、今はまだそれを責めると可哀想かな...私の気をそらす方向で妥協するしかなさげなので、言わなかった事に自分の中にしまいました。


いつかが叶う日なんかないかもだけど、20連泊位できちゃう位にお金貯めてやる👊

覚えておけよ〜〜っ👊


旅行なんて普通に行けると思ってた💦

お泊まりもいつか出来ると思ってた💦

彼の首には、きちんと見えない鎖がかかっていました。

やっぱり所詮、不倫なんですね😣

気付かない間に調子乗ってた😣

猛烈実感中...

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。