奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

方向転換

もう「雪、おはよう」のメールもなくなった。

私の手を握って見つめるあの仕草もなくなった。

この世の終わりみたいな気分なるけど、してくれない事より、してくれている事を考えよう。


メールは愛の言葉を伝える手段ではなく、連絡ツールと考えよう。

メールは激減したけど、毎日電話はしてくれる。

エッチ目的じゃなくても、会いに来てくれた。

意地悪しないでってお願いすると、意地悪じゃなくて、いじってただけ。

意地悪と感じさせていたなら、いじり過ぎてるね、ごめんね と謝ってくれた。


まだまだしてくれる事はいっぱいあるから、まだ大丈夫って思おう。

私に出来る事は少ないんだから、これ位は努力して思い込もう。


だって先に好きになったのは彼の方なんだし、

私には足枷なんかついてないんだし。


好きだなんて言ってくれないけど、行動で示してくれているし、会えばニコニコしてるし、私の機嫌が落ちていると、探り探りあげてくれてるし。

だけど、また土日がやってくる。

寂しくならない対策練り直そう。


私が男だったら、1人で釣りにでも行くんだけどな。

ってか、釣りしたーい!!!

女1人で釣りしてる人っているのかな。

いくらの私でもちょっと無理かな(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。