奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語

おにぎり

私が痛み止めの強い薬の副作用でラリってしまい、明け方彼からのメールの返信で意味不明な内容を送ってしまってた。

記憶がない...


で、心配してくれたのかな。

仕事切り上げてお昼から来てくれた。


あ、やっぱ結婚指輪してたよね。

そう、ずっと気になってた。

確か会社ではつけてたハズなのにな〜と。

いつも繋ぐ手にはついてないから、あれ?外してるの?って。

でも多分、私と初めてご飯行った時からついてなかった気がして...


でも今日は外し忘れてたのかな。

気まずい...


でも車の運転変わって貰ったら、外されてあった。電話かけに行った時に外したんだな〜。

彼の気遣いなんだろうけど、また現実が突き刺さる。

アレ欲しい....

結婚指輪一番欲しい...


軽く落ちたら、元気ないってめっちゃ心配してくれた。

ほーだねー、んな事で落ち込んでもしょーがないわ。


あてもなくドライブして、適当な場所でおしゃべり。


あーキスしたい。

彼の話しが頭ん中入ってこねー...

でも、彼の話は面白くて引き込まれる。

にしても、会話が途切れるのが不安なのかな?って位に良く喋りはる。

なんか見てて、無性にむぎゅーってしたくなってホッペにチューしたら、不意打ちに弱いみたいで固まってた。

その姿にさらに萌えて、首筋にチューってしたら、完全にぽ〜ってなってた。

「それはズルい。俺もしたいのに。悶々する」って目線は窓の外見ながら呟いてた。


「もっとできる場所に行く?でも心の準備出来ていないでしょ?」

「したいの?」って聞くと、素直にうんと言われたので、「いいよ」って答えた。


「でも俺、2時間とかって嫌なんだよね。

する事しても、もっとゆっくりイチャイチャしたい。するだけが目的じゃないからサ。」と、私と同じ考えの言葉を発してくれた。


わかるー!なんか終わってすぐにじゃあ帰ろうかって虚しくなる。

時間に余裕ないのは一番淋しくなるかも。


「それに今日は勝負パンツちゃうしなー」と空気変えてくれて助かった。


別に私はSEX好きでもないし、欲求不満でもない。ってか欲が枯渇してる。

でも、彼なら抱かれても大丈夫な気がしてきた。

もっと大事にしてくれそうなイメージ出来てきた。


帰る時間が迫り、車の中でキスした。

ぎゅ〜って抱きしめられた。

服の上から、存在を確かめるようにオッパイ触られた。

決してエロイ触り方ではないけど。

キスが優しすぎて、もっとってせがみそうになった。ヤメレ、私。


「人(相手)が変わると、こんなに感情が変わるんだ」って言うと、激しく同意された。

「俺もこんなキャラ違うのに、自分にびっくりする」

「こんなに気がそれていたら、バレるのも時間の問題だよ。バレたらどうするの」

と言うと

「気にしない。だって、本気だから。」


夫婦仲悪いの?って聞くと、妙な空気あった。

「おかしいと思わなかった?俺が土日外にいるの。用事を作ってなるべく外にいる」

ん?くつろげないの?

って聞くと....言わないって言葉濁された。

会話もないって言ってたしなー。

なんかありそうだね〜。

ま、どこの家庭でも何かしらあるとは思うけど。詮索するのはやめておこう。


母親と下の弟以外の作った料理は食べれない私だけど、彼の握ったおにぎり食べられる気がする。今までの人で想像して誰もクリアーできなかった事だけど、彼なら大丈夫な気がしてきた。

コレッて私の中では、マジですごい事。


今日は睡眠薬なしで眠れそう。

ありがてー。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。