奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語

人を思う力

突然、彼からスノーボードにお誘いが!

マジで?

テンションあがりまくる。


2人で行っていいの?


ん....


これどうなる?

でもこうなる前からずっと私が誘ってたし。

どうもこうもないか...

彼と一緒なら、色々百人力。

何の心配もナイ。


ってか、何でこんなに優しくしてくれるの?


言葉より先に彼は行動に出るタイプだ。

「人を想う」ってこんな風な事だってわからせてくれる。

全てが私の為の行動。

私が主体。

私がどう感じているか、どうしたいか、を本当に考えていてくれてる。

なんなんだ。この人は。


会うとなり、ホワイトデーは仕事が忙しくて会えないから先に渡しておくねって。

こんな事されて感激しない人っているのかな?

バートンの帽子を買って来てくれた。

きちんとラッピングされてて、感動。

私なんかAmazonの箱のまま渡したのに。


プレゼントなんてどれだけぶり?

油断したら泣いてしまいそうになる。


道中色んな話をして、私の疑問にも一つ一つ丁寧に答えてくれる。

気取ってるとかそんなんじゃなくて、多分心のまま出来るだけ伝えてくれる。

スキー場に着いて、寝袋に包まりながら色んな話ししながらも、不意にアゴをクッてされてキスされた。

え?って思ったけど、気付いたら二度目のキスは私からしてた。

しかも覆いかぶさって....

オイ、あたし。何やってんダヨ!


急激に恥ずかしくなり、背中を向けて寝たふりしたけど、眠れなくて、くっつき虫したくて身体に触れていたくて寝袋に手を伸ばしたら、彼の乳掴んでた。

もう自分でも何やってんだか、ワカラナイアル。

お乳触りたかったわけじゃないけど、どこでもいいから、触れていたかっただけなんだけど、絶対おかしい子と思われてるよね。


でもなんだろう?

前の彼も前の彼もその前の彼も、その前も(以下略)触られるの嫌だったし、ましてや自分から触れたいとか思った事ない。

でも彼のお腹の中にうずくまっていると、やたら安心する。

ムラムラもドキドキもないけど、めちゃくちゃホ〜ってなる。


キス以上したいとも今は思わないのに、なんだこの触れたい欲。


ヤバイ

ヤバイ


愛しくて仕方ない。


ブレーキかけないと、また辛い恋愛になるのわかってるのに。


彼に少しでも眠って欲しくて背中向けて息を殺して寝たふり作戦したけど、1時間位で起きちゃった。


起きてからもずっと話してた。


で、スノーボードは私のペースに完全に合わせてくれて、教えてもらった。

私の板を担いでくれたり、疲れていないか何度も確認してくれたり、高所が怖くないように手繋いでくれたり、バックル締めてくれたり、いちいち全部優しい。


本当はもっと難しいコースがんがん行きたいハズなのに。


しかし林間コースは怖かった。

高い所苦手だから崖が見える度に足がすくみ、動かなくなり、転けてしまうと言う。

普通のバーンなら全然滑れるのに、幅が狭くなるだけで、無理すぎた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。