奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

従兄弟

朝から、従兄弟が職場で倒れ心停止後、意識戻らないと連絡があった。

6才下の従兄弟は、心臓と喉に穴が開いている障害を持って産まれてきた。

赤ちゃんの頃から、何回も大きな手術を繰り返し、その手術でB?C型肝炎にもなってしまっている。

人の気持ちをあまり読めない、若干知的障害も入ってしまっている。

でも読み書きは出来るし、車の運転も出来る。

正社員として工場で働いてもいる。

見た目が、ダウン症っぽい顔付きの為、イジメにもかなり遭ってきた。

さらに母親が結婚詐欺に遭い、母親だけでなく、従兄弟も暴力を受けていたようで、母親が知らない間にア◯ムやら、プロ◯スやら数社からカードキャッシングを強要され、何十万〜数百万か、詳しくわからないけど借金を背負わされているらしい。

本当に可哀想な境遇で、会っていなくても、なんか心配で気にかかっていた。


そんな従兄弟が死ぬかもしれないと聞き車を走らせた。

面会時間がまだだったので、まだ誰もいなかったけど、ICUに入れてもらったら変わり果てた姿を見て、崩れ落ちた。

泣かないでいようとするのに、しゃくりあげる程泣いてしまった。


この子はまだ生きないとダメだ。

幸せになってもらわないと、ダメ。

本当に勘弁して。


彼に病状を説明すると、心停止から何分で...低体温治療は、身体を守る為で...とか色々教えてくれた。何でも知ってる。

話聞いて貰えるだけでも気持ちが落ち着いてきた。


帰宅途中にどっと疲れがでてきた。


彼から貰った沢山の言葉を書き留めておきたいのに、今日は無理そうだ。


明日になったら、従兄弟の具合さらに良くなっていますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。