奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語

1人のお花見

彼から、たまには外に出た方がいいよ。

ワンコとお花見しておいで...と電話があり、重い腰を上げて、行ってみた。


..........。


家族連れや、カップル、グループばかりやん。

しかもBBQやってるから、桜が霞むくらいの煙といい匂い。

ムカつく。

ってか、急にめちゃくちゃ悲しくなった。

なんで私は休日1人なんだろう。

欲しかったのは、彼氏でなく家族なのに、人生の折り返し地点でも得られていない。


みんな楽しそうだ。

幸せそうだ。



空は青いし。


去年の今頃、ガンの宣告を受けたワンコ。

今年の桜を一緒に見るのが一つの目標だった。

それが叶ったのは、感無量。



ではあるけれど。


淋しさの渦に飲み込まれそう。


帰宅し、報告すると「悪かった。ごめん」と謝ってくれる彼。


彼は休日、奥さんや家族と出掛けたりするのかな。

買い物とか一緒に行ったりするのかな。

家族で外食とかするのかな。

毎日、食卓でみんなでご飯食べているのかな。

寝る時は奥さんと同じ部屋で寝てるって言ってたな。

旅行とかもたまにはするのかな。

これからやって来るGWや、お盆や彼の誕生日にお正月は、私とではなく家族と一緒に過ごすのかな。

いくら好きと言われても、現実は私は1人ぼっちだ。

そして彼は私より家族を大切にし、私といる時間とは比較にならない程、家族と一緒に過ごすんだよね。

最初からわかっていた事なのに、胸がずっと痛い。


想像するの嫌なのに、妄想でいっぱいになる。

自分から不幸になる道を選び取ったのに、嫌になる。


嫌すぎて、彼への態度が冷たくなる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。