奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

元彼

ゲイの元婚約者に会わないで欲しい。

彼に強く言われた。

元彼が許せないと珍しく怒りをあらわにした彼に対し、申し訳ない気持ちになった。

会ってしまえば、確かに許してしまいそうな自分がいた事は認める。

許さなければいい...と美化しようとしていた思い出と現実の差を知りたくて、過去に書いていた日記を読み始めてみた。


思い出が蘇ってきた。

腹立たしい記憶と、愛された日々と一緒くたになって。

なかなかの辛い作業。

やっぱり辛い思い出の方が断然多くて、許せない気持ちにはなったものの、数々の裏切り行為が悔しくて、涙止まらなくなってしまった。


彼から連絡はあったものの、今自分の心の中には別の男性の事で頭がいっぱい(とは言っても、悲しみの気持ちしかないけど)の状態で、大好きな彼の電話に出るのは失礼なんじゃないかな?汚れた心に、彼に触れて欲しくなくて、少し躊躇ったけど、結局心配かけてはいけないかなと、向き合う事にした。


精一杯平気なフリをして、話すも察しのいい彼はすぐに私の元気がない事に気付いたようで、優しく原因を聞いてくれる。

気を緩めると号泣してしまいそう。


彼はむしろ巻き添えくらってるのに、責めたてる事なく、常に私の身を案じてくれる。

元彼への腹立たしさ〜将来に対する不安、このまま貴方と居る事も不正解な気がする事をぶちまけた。


彼は、難しい問題ではあるけれど、一つだけ言える事は、元彼の元に戻る事は不幸になるのは間違いない。

結婚できたとしても、幸せにはなれないと。

一回結婚に失敗しているから、もし結婚後にやっぱり女装やめられない&男に浮気されたとなると、誰にも言えずに下手したら私が精神病んでしまって大変な事になるかもしれないと説明してくれた。

ごもっともだ。

と言うか、私が戻る事に対して腹立たないの?って聞くと、腹立つのは元彼に対して。

私をこんな目に遭わせ、こんな思いをさせている事に対してはめちゃくちゃ腹立つ。

けど、私に対しては腹立つ気持ちはないそう。

むしろ不幸な選択をしてしまわないか、心配で心配でたまらないそう。


....これって、彼の真意はどうなんだろう。

本当に大切だから、幸せになれるのであれば僕は手離してもいいと思ってる?

僕には、どこにも行くな!と言う権利がないから?

2人の未来について話なんか一度もないもんね。

未来はわからないよとは言ってくれても、あやふやな事や無責任な事を言わないのが彼だけど、突き放されたような淋しさを感じていると、「俺は一番大切に思ってる。間違いなく。未だにますます好きになっていってる。」と言ってくれた。

どこが好きなの?と聞くと、好きに理由なんか必要か?と。


家の駐車場に着いているハズなので、電話切るねと言うと「嫌だ」と言う。

もっと話してたいと駄々をこねる。


毎日私の元に帰って来てくれたら、絶対に幸せにするのに。

毎日笑わせる自信あるのにな...

なんで彼は家庭がある人なのだろう。

今日も奥さんと一緒の部屋で寝ているかと思うと、朝まで眠れない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。