奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

見えない気持ち

久しぶりに会うとドキドキしてしまうかもって言ってたのに、彼の表情からは何も読み取れない。

11日ぶり。

待ち合わせ時間より30分近く早く行ったのに、もう着いている彼。

道路の向こうから手を振っていてくれる。

私を待っていてくれる人がいる。

会える瞬間は、不倫だって言う事を一瞬忘れて少女のような純粋に会えて嬉しい!って気持ちになれる。


パンが好きって気まぐれで私が言った事を覚えていてくれていたみたいで、今日は色んなパンが食べ放題のお店を選んでいてくれてた。

ここでいいの?って聞いてくれるのも彼の優しさだ。

私の為に探し出してくれたお店なのに良くないわけない。

自分は営業中に好きな物食べられるから、一緒にいる時は、雪の好きなのでいいよって言ってくれる。

お店選びに迷っていると、いつも素敵なお店を探し出してきてくれる。ほんとマメな人。


なんて事ない話して、あっと言う間に時間が経った。

仕事に戻してあげないといけない。


久しぶりに車の中で少し手を繋いだ。

あぁ、彼だ!

手を繋ぐだけで満たされていく、不思議な感覚。


別れてからも、電話でずっと話てた。

なんてない話ばかりだけど。

「久しぶりに顔見るとダメだ。明日も明後日も毎日会いたくなる」とストレートに言われた。


会っている時はそんな風に考えているようには見えなかったよ?と伝えると、

「ドキドキしたし、本当は、このまま誘拐したろか!って位に連れ去りたかったよ」と。


え?!

全然そんなオーラ出てなかったし、あっさりしてる感じだから大丈夫だと思ってたよっと告げると、

ホントはね、いつも考えているんだよ。

別れ際、沢山手を振ってくれている姿を見ると、どうしたらいいのかわからなくなる。

(俺が)家に着く寸前の電話を切る時も、嫌やろうな〜、家に帰るのも。こんな切り方でいいのかな?切った後も、大丈夫かなぁ?1人淋しくなっていないかなぁ。

こんな切り方で、俺嫌われてへんかなぁ?ってすごく気にしてる...って言われて、涙腺決壊。


やっぱり気遣ってくれていたんだな〜と。

今に着いたから電話切る時の、切ない気持ちわかっていてくれたんだ。

この電話を切った後は、私との事はなかったかのようにして家庭に帰るんだろうなと線引きを想像して、1人虚無感に襲われてた。いつも。


十分だよ。気付いてくれているだけで。



些細な会話から、妊娠したら...についての話題になった。

「もし出来ていても絶対喜んで貰えない相手だしね。それが2人の関係の全てを物語っているよね、結局」と、超ストレートに告げると、かなり困っていたけど、「もし出来てしまったら、産みたいの?」って聞かれた。

そんな事聞かないで...

生まれてはじめてこの人の子供を産みたいと思った唯一の人に、そんな事を聞かれると辛いよ。

もっと早く出会えて、私の身体も丈夫で、何も2人に障害がなかったなら...なんて考えるだけで涙が止まらなくなる。

何一つ手に入らないからね。

私は彼と出会う為に生まれてきたのかも!って思えるけど、あなたはそうじゃないんだもん。


そばにいさせて貰えるだけで、幸せだと思わないといけないけど、1人になると怖くなる。

悪い事だと解っているのに、離れられない。

ずっと側にいたい。

片時も離れたくない。

でも笑顔でバイバイって言う事しか出来ない現実。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。