奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

キャベツ

GW、盆暮れ正月&誕生日にクリスマス、あとバレンタインデーに土日祝に会えないのは愛人の定番。


そのGWがやってくる。

今日しか今週は時間作れないから、ランチでもどう?と誘われてた。

待ち合わせの13時には全然早かったけど、早く会いたくて待ち合わせ11:30前には家を出た。

待ち合わせ場所まで30分もあれば着くのにね。

11:30頃彼から連絡があり、仕事が抜けられなくなり、今日のデートは中止に。

仕方ないね、仕事だし。


夕方、帰宅途中の彼から連絡があり話している会話の流れで、彼が奥さんとたまに買い物に出かけている事を聞いてしまった。

「普通行くやろ〜」って言われてもうダメだった。


私の好きな人が、私以外の人と買い物に出掛けている日常を想像すると、ダメだった。

家庭が破綻しているとかは聞いてないけど、ほとんど会話とかもないって聞いていたから、勝手にそんなの行かないと思い込んでた。

何より私が一番したかった事だ。

私が一番手に入れたかった「家庭」であり、「家族」が「普通に」存在している事実が胸に刺さった。


電話を切ったあと、自分の意思とは裏腹に信じられない位に涙が出た。


いくら好きだと言われても、現実は私は都合のいい女にしかなれない。

彼が帰宅してしまうと、会えなくても私はシャットダウンされてしまう。

日中の仕事時間にしか会えない。

家庭優先。

大切な人だから困らせたくない。

困らせないようにしようと思うと、私が困る。

こんな事でへこたれては、いけないのに好きだからこそ、些細な事がどうしようもなく辛い。

いずれ辛くなるの解っていたけど、想像よりも早く、想像よりも痛い。


結婚したかったな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。