奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

逃げ道

「雪の気持ち考えずに嫌な思いさせてゴメンね」と、メールをくれていた彼。


私の気持ちは、そんな優しいメールでも救われず地に落ちたまま。

油断すると涙が落ちる。


彼は私の欲しかった理想の家庭を築いている。

彼からしたら、理想と現実は違うよと必ず否定するだろうけど。


「もう会わない方がいいって事?」と聞く彼。

「わからない」って答える私に

「嫌だって言ったらどうするの」と、聞く彼。


「俺だって、ずっと一緒にいたいよ。....でも」

それ以上言わないでと止めてしまった。

解ってる。

子供がいるからね。

責任があるからね。


言わなくていいって言う私にきっと彼は安堵したはず。

ずるいよね、お互い。

大事な事見て見ぬふりして、都合よく抱きあって。


結婚したかった。

彼と一番最初に出会って結婚して、子供作って家庭を築きたかった。

運命なんだろうなー。何一つ叶わないのも。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。