奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

黒と白

「ランチ一緒に食べる?」彼からのお誘いを受けて、お出かけ。


多分私は、ニコニコしていたんだろうな。


「色々と悩ませてごめんなさい。」

とお詫びすると

「ん?そこまで悩んでないよ。GW明けは、きっとこんな風な事言い出すと予想出来ていたし」ですって。


(何だって?!....いやいや、これも私に罪悪感背負わせないように言ってるだけかと。)



むしろ連絡できたけど、雪側で色々事件が起きていたので、控えていてくれていたそうです。

(詳細は明かせないけど、確かにトラブルはありました)


ランチをゆっくり食べた。

彼を仕事へ戻してあげないといけない。

チューしなくていいの?と別れ際に聞く彼。


私の車に彼を呼び寄せると、いつものアレ。

私の手を両手で包んでじーっと眺める彼。

好きが溢れてるゾ。

「こうしちゃうと、帰れなくなるんだよなぁ」と後悔したように呟く彼にギュ〜って抱きついた。


キスした。


多分、サンシェードしているから見えにくいハズ。見えても大した事はないハズ。


「誤解しないで聞いて欲しいんだけど、俺は毎日会いたい。そして毎日抱きたいって思ってる。実現出来るとか出来ないとかじゃなくて、そんな風に思ってるよ」



【誤解しないで聞いて欲しい】の枕言葉は、

「身体だけの関係じゃないよ」って意味と、

「そう思うなら、そうしてよ」って私に言わさない為の釘を刺す。


俺...金曜日も仕事調整しようかな。

抱きたい とストレートに伝えてくる。

私が彼を抱きたいのに。


彼の「あいたい」は「会いたい」ではなく、

『逢いたい』と書いてくれます。

お気に入りのレストランも「また行こう」ではなく、『季節が進んだら、もう一度来よう』と言ってくれます。

『時間を共有できるよ』と言ってくれます。

言葉が情緒的でゆっくり味わいたくなります。

でも、表情は豊かではありません。

そのアンバランスさが、私を敏感にさせます。



段々日差しがきつくなってきたせいか、日焼けのせいで、左手の結婚指輪の跡がわかる。

努力の証を私は見て見ぬふり。

彼と会うか、病院以外は引きこもりな私は、彼も驚く程の色白に。

考えてみたら、似ているようで2人は正反対なのかもしれないな。


彼の様に太陽程の明るさは、私にはないけれど、たった1人位なら、月の明るさで照らし出す事は出来ると思うのです....なんてね。


大切だからこそ、手を離したくなるって気持ちと、私の人生の中で絶対に手を離してはいけない人だったとしたら....と考えると何が正解か本当にわからなくなるのですが

「結局、どうしたって彼が大好き」に繋がってしまうのです。



明日も彼と同じ世界にいられますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。