奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

いろんな形

法事での出来事。

お寺で、もうすぐ読経が始まるって時に私の叔父が隣で声をあげた。


「カモン!BBA 」


そう言われて、叔母はノコノコ笑顔でやって来て叔父の隣に着席。


親戚はクスクス笑っていたけど、私は密かに凄いなと感心。

愛と諦めが混在していて、それでいてちゃんと家族なんだな〜と。


叔父は背も高くスラッとしていて、誰が見ても男前。絶対にモテていたハズ。

対し叔母のルックスは、背も低くく歩く度にドスコイ!ドスコイ!と聞こえてきそうな位に残念な感じ。


2人の仲は本当のところは良く分からない。

だけど、カモンババァで呼び寄せて隣に着席させるからには、家族の歴史があり簡単には壊れない強さを感じた。


法事中....不謹慎ながら私は頭の中で、またまた妄想暴走。


彼もこの夏、法要があったハズ。

家族全員で泊まり掛けで法要に参加するハズ。

法要って親戚の集まりの代表みたいなもん。

一家の大黒柱として参列する彼はどんな顔しているんだろう。

「家族」と言う纏まりの中で、グルーピングされセレモニーに参列し、その後行う会席やらでは、やはり親戚同士のお付き合いを行い、お互いの家族の成長を見せ合ったり、近況報告しあったり幸せそうな絵しか浮かんで来ない。

1ミクロンも私とは交わる事がない。


やっぱり私は、都合のいい女。


親戚同士の中でも、人見知り発動し私はポツン。

父の後を金魚の糞のように追ったが、そんな私の気持ちは誰も気付かず。

会席時には弟ファミリーの前に座ったが、1年ぶりに会う実の弟にすら目を合わせるのが、苦痛な位に人見知りしてしまう。


何を話せばいいのか、本当にわからない。

コミュ障かよ!!!


平気な時は全然大丈夫だけど、精神バランス崩すと実の弟にまて人見知りしてしまう。

本当に私は厄介な人間だ。


お酒の席で、話は私が長い間再婚しない理由で持ちきり。

そして、親戚一同で婿探しをすると言う最悪な方向に話が進む。

従兄弟の兄ちゃん達が、具体的に自分の友達の中から、何名かピックアップまでしだす。

「結婚する気ないから...」と言っても小さな声は届かず、どんどん話が前に進んでしまった。


「彼氏いるんです!」とは言えなかった。


結局、お見合い大作戦は後日実行って事でお開きに。


カモンBBAってのは、愛人には掛からない言葉だ。


カモンBBA扱いを彼がしてくれる日が、来世だったとしたら現実見ないといけないのは重々承知。


死んだら、好きな気持ちはなくなるのかな。


棺桶に入る時に、私は一体何を思うかな。

生きるのって、やっぱりつくづく難しい。


うまく歩けない。自分の人生なのに。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。