奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

誘導尋問

彼が有休を取ってくれたので朝8時からスタート。


ここ数日、私のメンタルが不安定となり彼に構っていられず、電話もメールの返事もきっと私は塩対応していた。

車の中でも、いつもなら自分から甘えまくりだったのに、今日は自分からはいけない。

彼が手を差し伸べてきた時に限り、応えるように手を繋ぐ。

そんな私とは正反対で今日は彼がすごく甘えてくる。


常に手を繋ぎたがり、運転中なのに腰に手を回そうとしたり、頭にキスもいっぱいしてくる。


うなぎで有名な街に連れて行ってくれて、早めのランチ。

お腹がはちきれる程、うなぎ堪能。


そこから伊勢神宮へ。

内宮、下宮を周る時間まではなかった。

周るなら、どっちも周らないと神様に失礼だそうなので、おかげ横丁をぶーらぶら。

歩き食べをするつもりが、思いの外うなぎパンチが効いていて、ほとんど食べられず。



マンボウって食べられるんだ!

気になったけど、無難なホタテ串をシェア。


お日様の日差しを浴びながら、手を繋いで歩けた事でエネルギーが満たされたのか、ただ歩いているだけなのに、心が軽くなってきたのを感じる。

彼と並んで歩くだけでも、世界が色鮮やかに見えちまう私は幸せもん。

不安が全部消える。

人が沢山いるのに、2人きりの世界にいるみたい。

いつまでもこんな時間が続けばいいのに....


帰り道、彼に聞いてみた。

もし奥さんが浮気していたらどう思う?と。

かなりヘビーな質問。

前から聞いてみたかった。

「ムカつくかも」と。

当たり前の言葉に落ち込む。

ムカつくってのは、相手に対し気持ちがある証拠。破綻しているとムカつきもしないってのが、私が思うところ。


落ち込む私をみて、撤回するように「でも実際されたら、よっし!と喜ぶかもしれないし、ムカつくかもやけど、嫉妬はないよ」と。

要するに、「気が悪くなる、何してるんや」って気持ちだそう。

浮気する時間あるなら家の事してって感じなのかな。勝手な想像だけど。

自分がしている事は棚にあげて言いたい放題。


もし奥さんがあなたの望む全てを満たしだしたら貴方も応えるの?って「そうだね」と言えるハズのない質問を続ける。


「冷めた気持ちは戻らないよ」と、誘導尋問のような私が求めている答えを強制的に引き出す。


無理やり言わせている事を解っているから、私も結局全然満たされず無口になる。

そんな理不尽な私にさえ彼は優しく笑ってやり過ごし、包んでくれる。

片時も手を離そうとしない。

嫌がらせで痛いと小さな悲鳴をあげる位、力をこめて握ってみても、笑いながら手の甲にキスしてくれる。


帰り道「ホテル寄っていい?」と聞いてきた。

まだまだ心が硬くなったままだけど、真っ直ぐ帰すのも癪だったので部屋に入る事に。


シャワーを浴びなくても彼は平気で私を舐めつくす。私はそれが嫌だ。

いつも私がいいよと合図すると、彼がお風呂に入ってくるのに、今日は待ちきれなかったようで合流してきた。


私が、愛でてあげるからバスタブの淵に座るように促したのに、「俺がしてあげる」と、いきなり抱き上げ私をバスタブの淵に座らせ、強制的に脚を開けられた。

あっと言う間の出来事で、抵抗する間もなく私の真ん中に彼の舌が入り込む。

嫌だイヤだと抵抗しても、身体は彼を求めたようで気付くと、繋がっていた。

でも....なんだか、いつもと違う。まだ私の身体が彼を許していない気がする。


そう思っていると、「ベッド行こう」と急かすように促された。

濡れた身体を丁寧に拭く間も惜しみベッドへ。


いつものコトが始まったけど、やっぱり私はどこか冷静。反面彼の反応はすこぶる敏感で可笑しい。

「雪の中、なんでこんなに気持ちいいの?」と何度も言ってくる彼に意地悪したくて、引っこ抜いた。

そして愛でてあげると、本気で達してしまいそうになったようで、強引に私を抱いた。

程なくして、その瞬間に「なんで〜?今日気持ち良すぎるヨ〜」と叫びながら果てた姿に私は大爆笑。

なんか可愛くて♡


体液を出しながらそんな叫び声....あかん、可愛すぎるや♡


「雪、やっぱり今日俺おかしい...見て、コレ」って見せられた元気のない息子さん。

いつもなら2回目すぐ出来るのに、反応ないです...と困り顔にまた萌える♡


でも疲れた私はウトウトと。

今日は時間が3時間しかない。

少しすると帰り支度始める為にか、彼が部屋中の電気を点け始める。


と思ったら、「雪の身体、全部見せて」と言い終わらない内に私の身体の間に入り込む彼。

恥ずかしくて顔から火が出そうだった。

彼が私を食べ始めた。

脳が痺れそうな快感が支配しはじめた。また気付いたら彼と重なっていた。


3時間は滞在出来るって言っていたのに、結局2時間でチェックアウト。

3時間でも短い...最低でも5時間希望の私は

2時間でなんかチェックアウトした経験がなく、淋しさマックスになりそうな気持ちを抑えつけた。

だって有休取ってくれたし、夜ご飯もおかげ横丁で一緒に買ったお寿司も食べれたし、お疲れ気味な彼を早く帰してあげないとと切り替え。


帰り道、今日の交わりは5割増しで気持ち良かったと言われた。

デートが楽しすぎたせいかな?と。

そんな風に言われると、全部許してまた会いたくなる。


彼を送り届け、帰宅した頃には日付け変わってた。

もう会いたい。

どこに行っても帰り道も同じで帰る先も同じで、朝目覚める時も、夜眠る時も一緒な彼女が羨ましくてたまらない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。