奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

いろんな形

法事での出来事。

お寺で、もうすぐ読経が始まるって時に私の叔父が隣で声をあげた。


「カモン!BBA 」


そう言われて、叔母はノコノコ笑顔でやって来て叔父の隣に着席。


親戚はクスクス笑っていたけど、私は密かに凄いなと感心。

愛と諦めが混在していて、それでいてちゃんと家族なんだな〜と。


叔父は背も高くスラッとしていて、誰が見ても男前。絶対にモテていたハズ。

対し叔母のルックスは、背も低くく歩く度にドスコイ!ドスコイ!と聞こえてきそうな位に残念な感じ。


2人の仲は本当のところは良く分からない。

だけど、カモンババァで呼び寄せて隣に着席させるからには、家族の歴史があり簡単には壊れない強さを感じた。


法事中....不謹慎ながら私は頭の中で、またまた妄想暴走。


彼もこの夏、法要があったハズ。

家族全員で泊まり掛けで法要に参加するハズ。

法要って親戚の集まりの代表みたいなもん。

一家の大黒柱として参列する彼はどんな顔しているんだろう。

「家族」と言う纏まりの中で、グルーピングされセレモニーに参列し、その後行う会席やらでは、やはり親戚同士のお付き合いを行い、お互いの家族の成長を見せ合ったり、近況報告しあったり幸せそうな絵しか浮かんで来ない。

1ミクロンも私とは交わる事がない。


やっぱり私は、都合のいい女。


親戚同士の中でも、人見知り発動し私はポツン。

父の後を金魚の糞のように追ったが、そんな私の気持ちは誰も気付かず。

会席時には弟ファミリーの前に座ったが、1年ぶりに会う実の弟にすら目を合わせるのが、苦痛な位に人見知りしてしまう。


何を話せばいいのか、本当にわからない。

コミュ障かよ!!!


平気な時は全然大丈夫だけど、精神バランス崩すと実の弟にまて人見知りしてしまう。

本当に私は厄介な人間だ。


お酒の席で、話は私が長い間再婚しない理由で持ちきり。

そして、親戚一同で婿探しをすると言う最悪な方向に話が進む。

従兄弟の兄ちゃん達が、具体的に自分の友達の中から、何名かピックアップまでしだす。

「結婚する気ないから...」と言っても小さな声は届かず、どんどん話が前に進んでしまった。


「彼氏いるんです!」とは言えなかった。


結局、お見合い大作戦は後日実行って事でお開きに。


カモンBBAってのは、愛人には掛からない言葉だ。


カモンBBA扱いを彼がしてくれる日が、来世だったとしたら現実見ないといけないのは重々承知。


死んだら、好きな気持ちはなくなるのかな。


棺桶に入る時に、私は一体何を思うかな。

生きるのって、やっぱりつくづく難しい。


うまく歩けない。自分の人生なのに。

お花畑に灰を降らせて

私は親になれなかったからか、親が子を思う気持ちは未だにわからない。

言葉の虐待を受けて育ったせいか、親とも未だに親子関係と言うより親戚みたいな感じとしか思えない。距離があるし、気を使う。

辛い、悲しい、苦しいも嬉しい、楽しい気持ちも親に対して剥き出しにした事がない。


少し前に彼に「多分、今私は宇宙一あなたを好きな存在だよ〜。お母さんも超えちゃってるかも(笑)」って言った事があり、それは物の例えであり、本気でそう思ってるとか思っていないとかは、横に置いておいて....


彼はしみじみと「親の愛は..親が子供を思う気持ちってのは....子供は絶対だからね」と、諭すように言われた。


それは彼のお母様の愛情の事を言っているんではなく、彼が彼のお子に対しての感情を表現しているんだと感じた。


言われた瞬間、なんだろ...すごく疎外感を感じた。

私はどっちにしろわかってあげられないんだな...と。

そして、彼のお子に嫉妬した。

そんなに愛情注いで貰える唯一無二の存在になりたいと願う私なんか、彼から愛情を与えて貰える権利なんて1mmもないかのようにピシャリと扉を閉められたように感じてしまった。


私が子宮の病気を患っているのと、子供を産めなかったコンプレックスを理解している彼は、極力自分のお子の話もしません。

一度、説明が必要になった時にも

「俺の子の同級生がさ」を

「ほら...俺ってさ...子供...いるやん?それの同級生が...」と、ものすご〜く気を遣われている事を感じました。

彼の優しさなんだけど、そこまで気を遣われると余計に構えてしまう。

彼は悪くないのに。

私がそうさせてるんだろうに...ごめんね。



彼は確実安全日であっても危険な事はしない。

それは私が妊娠できない身体だと知っていても。(厳密に言えば、万が一妊娠しても流産してしまう身体なんだけど)


なんで?って聞くと、

「雪が傷付けないように」と言われる。

違うと思う。

家族を守る為だよね。


傷付くってのは....当たり前だけど、産ませない前提。

私は頭ん中お花畑なので、万が一彼の子を妊娠したら、死んでもいい位に大喜びすると思う。

そんな私を説得して堕ろさせるってのが、傷付ける事になるんだろうな。

妊娠なんて100%無理だし、頭で色々わかっていても、心のどこかで本当に全く喜んでくれないの?と考えてしまう。

この思考死ね。


妊娠しない事、バレない事が2人の関係を続けられる事なのに、どっちも反対の事を願ってしまう恐ろしい自分がいる。


彼が大切だから、彼の大切にしているものも大切にしないといけないのに。


なんで好きになれて、私だけを見てくれる人を選べないのだろう。


体調が悪いと、気持ちも落ちてこんな毒にしかならない事を考え続けてしまう。

子供なんて現実に産みたいとか思った事なかったのに、彼と出会ってから後悔してる。


うんと年老いてからでもいい。

頑固なジジィになってからでもいい。

介護間近になってからでもいい。

ずっとそばにいられる日が、そんな日があればいいなと考えてしまう。


きっと今日の日記を彼が見たら、重過ぎて、怖過ぎてフリーズしちゃうやろうな。

だって自分でも怖いなって思ってるし。

わかる。わかるよ。


でもいつか、私の愛情にあぐらかきだして、私を粗末に扱いだしたら、アッカンベーってしながら捨ててやるんだからね!!

行き違い

「お腹すいた!朝マック間に合うかな?」

と10:25にメール受信。


間に合うわけない....けど、これは彼なりの都合合えばご飯行く?のお誘い。


すぐに返信したのに、電話がかかって来たのはお昼過ぎ。

しかももうだいぶ私の住むエリアから遠去かっていた。

「寝てたの?」と、少し不満そう。

お昼過ぎまで寝ません....

私が10:28に送信したメールが12:30に到着したみたいで、完全に行き違い。

最近なぜかよくある💦


「俺が悪かったね。寝てるのかなと思って電話しなかった。確認すれば良かった」と怒ってないのに謝ってくるのが彼らしい。


今日の夜から彼はお仕事で出張。

ほとんど観光だから、私は旅行と呼んでるけど。

天気予報は、全国版を観ないとわからない位に遠くに行きはる。

ちょっと淋しいけど、ちょっと平気。

だって今日は、嫁と並んで眠らないから。

嫉妬せずに済む。

やっぱり気持ちは完全に冷めていると聞いていても、毎晩一緒に寝てると聞くのは、非常に心穏やかでいられない。

当たり前だけど、彼を好きになる前は何にもそんなコト気にならなかったのに。

嫉妬しないで済んでいた私がうらやましい。


それに移動中もメールのやり取りしてくれているし、安心する。


YouTubeで全然知らない人の結婚式を目にする機会があり、全部置き換えて観てしまう。

彼もこんな風に挙式したのかなぁ?

隣にいる奥さんは愛されて幸せにして貰えたのかなぁ?

その時は人生最高に幸せとか思ったのかなぁ?とか過去に対しても考えてしまって、涙出た。

自分の事は棚に上げて。


人生20代からやり直せて、彼と結婚して、子供産んでいたら2人はどうなっていたのかな?

私はちゃんと子供ばかり可愛がらずに、彼に愛情注げてるかな?とか、一切考えなくていい事ばかり、考えて1人で一喜一憂してる。


彼にバレたらまた笑われるし、過去は変えられないから、これからを大切にしないとあかんのに、妄想に支配されてる💦


ゲイの彼氏と破談になり、立ち直れたのも彼のおかげだし、このタイミングだからこそ彼の良さを知れたし、むしろ彼と向き合えたのは失恋があったからこそだからなのに、もっと早く出会いたかったとか思ってしまう。


旦那になっちゃうと、色恋沙汰なんて消えちゃうの一番わかっている私なのになぁ〜...