奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語

朝マック

朝から電話で起こされた。

「朝マック行かへん?」


ん。

でも彼の住んでるとこは60km程離れてる。


でも会いたいからって理由で車飛ばして来てくれた。


本気ってすげえ。

恋愛マニュアルに書いてある通りだ。

『男が本気になると、時間を使ってくれる。隙間時間でも、会いに来る』って書いてあった。

ホントやん。


ハンバーガー食べて、彼のエルグランドだと座席が離れていて、遠い。

人気のない所に車を停め、後部座席に移動。

っても、エロイ事したいわけでなく、単にくっつきたいだけなんだけど。

勢いついてドッコイショって彼の膝の上に座ってしまった。

私のでっかいお尻が彼の上に広がる...

またまた急に恥ずかしくなる。

きちんと横に座り直し、お腹に潜り込む。

あー、やっぱり落ち着く。

彼の心臓ドキドキしてる。

私もドキドキしてる。

彼の手を取り私の胸に導いてみた。

触れていて欲しくて。

ヤメレ、ワタシ。マジで自制して!と心の中で葛藤が。

ダメだ。

ずっと触れていて欲しくてずっと触れていたい。

エッチしなくていいから、体温感じてたい。

キスした。脳内で何かエエもんでてるの実感する。

パラダイスや〜〜


午後から予定があるらしく、タイムアップ。


元婚約者と会ってくるねって昨日送った報告メールが、とても気になったそう。

嫉妬もあるけど、また傷つくんじゃないかって心配やし、嫌な想いさせたくないって。

確かに戦略家やから、どんな風に仕掛けてくるかわからないけど、状況は私の方が一歩も二歩も上。

もう迷わない、戻らない、戸惑わない。


久しぶりに朝から外に出て心も晴れた。


抱かれる日が間近な気もするので、プニプニのお腹なんとかしないと。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。