奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語

ブーメラン

「妊娠した!」って冗談でメールしてみた。

そもそも、妊娠するような行為から日が経ってないわけで、絶対にウソだとわかるハズなのに。


私も深く考えずにイタズラ心で。


すると「どういう事?」と割と真剣に電話がかかってきた。

「想像です」と切り返したタイミングで、別の電話が入り、一旦切れた。


全くのイタズラのつもりが、急にめちゃくちゃ悲しくなった。

私は妊娠できない身体だ。

でもこれが本当だったらどんなに嬉しい事だろうって考えると同時に、彼には現実にこんな経験が2回あった事実が突き刺さった。

多分、大喜びしたに違いない。

それが、すごくすごく突き刺さった。

立場が全然違う。

万が一、私が妊娠したとしても迷惑でしかないんだ。

彼の奥さんは、妊娠〜出産まできっと大切にして貰ったんだろうな。

彼の事だから。

私が同じ事を告げても大迷惑で、強制的に堕ろす事しか出来ないんだろうな。

一瞬たりとも嬉しい顔なんかしてくれないんだろうな....って考えたら、ものすごく悲しくなった。

自分で掘った穴に落ちた。

涙止まらなくなった。

ちょっとした冗談のつもりが、私バカだ。


しばらくしたら、折り返し電話をくれたかれの第一声は「男の子?女の子?」だった。


「えっとね...男の子...」と答えた。

ママゴトだけど、これが本当だったならどんなに幸せなんだろう。

嘘を千回重ねれば一回位本当にならないのかな。


私は何を信じて、何を頼りに歩いていけばいいのかな。

この先には、辛い事しかないのわかっているのに。

彼の愛だけが、私の愛だけを堪能すればいいと言うのか。

自分で選んだ道だけど、ホント辛い。

歩み進めば進むほど、棘が刺さる。


2、3日前もメールで、「アワビとかサザエとか好き?」って聞いてきた理由が、チラシで日帰りバス旅行で出てたから...と。

値段を聞いてみると、1人1万とか。

「高いよ〜。一万あったらあと少しで泊まれるじゃん」って言ってしまった後に気付いた。

お金の問題じゃなく

『泊まれない彼』だった事に....。


彼も私が辛く感じているのは絶対わかってる。

2人以外には酷いことをしているけれど、お互いはお互いの身を案じて、強引に突き進む事も、後戻りする事も出来ずにいる。

それとも、そう思っているのは私だけで、その時が来たら私はバッサリ切り捨てられるのだろうか。

だろうかではなく、傍目から見たら当然の結果だよね。


「一週間会えなかったけど、このまま会わないって言ったらどうする?」って質問に

笑いながら「家燃やしたる」と答える彼。

「私の家知らないのに?」と笑いながら返すと、「だいたい教えて貰ったから、その辺一帯火つけて、炙り出したる(笑)そうしたら、出てくるやろ?」って言う彼。

アホな彼。

冷静に考えたら怖い発言だけど。

別れる気は、私と違って全くないようだ。


今日も考え過ぎて、朝まで泣きながら起きちゃった。

彼が好き。

ずっと一緒にいたい。でも全然一緒にいられない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。