奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

浴衣

元彼と付き合っていた10年?11年?

毎年、浴衣着て花火大会に行きたくて買い揃えていた浴衣。

今年こそは!今年こそは!!と思っているうちに一度も袖を通さないまま枚数ばかり増えて、結局そんな些細な夢すら叶わず....

そしてとうとう可愛らしい浴衣がもう似合わないお年頃となりまして...嫌な思い出しか残っていない事にやっと目が覚めて手離す事に。


メルカリにぜーんぶ出品してやったわサ!

私のいわくつき?の浴衣。

飛ぶように売れた。

買値より多分高く売れているような気もしなくもないような?ビバ!メルカリ!

有難や〜!ナンマンダブツ!!



不眠が続いていたし、元彼から変なメール来るし、真夜中に非通知の宅電鳴らされるしで...

眠れない夜中を利用して、出品やら梱包作業やらで、思いがけずてんやわんや。


彼にも状況報告したら、一緒に喜んでくれた。

一通り喜んでくれた後に


「時間を有効利用できて、お小遣いも稼げていいと思うんだけどサ、3日に一度とか、せめて2日に一度とかのペースにしないとダメだよ。まず眠らないとダメだし、作業するって事はサ、身体に負担掛かっちゃうよね?怪我してる所、また痛めちゃうよ?」


と、とっても優しい声で言ってくれた。



あぁ、やっぱり彼だな...

身体の事を常に気にかけてくれてる。

私ですら、闘病中な事忘れてたのに。

本当に優しい人だ。

人としても、大好きだ。


今まで、そんな風に誰かに心配して貰った事ない。

強がって生きて来たし、弱音とか吐いたり、誰かに甘える事とかした事なかったし、たくましく生きてきた。

だから...優しくされると、弱くなる。


寄っかからせてくれて有難うだよ!




「後でメールするって言ったのに、なかった」


って、チクッと言ってみると


彼いわく、「後でメールするね」ではなく、

「時間があれば連絡するね」って言ったつもりだったそう。

「じゃあ、どっちにしても私には時間がないから連絡出来なかったって事だ!!男なんて皆一緒だ。優しいのもマメなのも最初だけー!」と200%上乗せ嫌味マックス攻撃したのに...


びっくりする位に優しい声で

「そんな事ないヨ。最初から気持ちは変わってないヨ。そんな風に思わせたんならゴメンね」


って言われて、気持ちがヘナヘナになった。


なんちゅーー優しい声。愛は私を救う♡




ただ、こんなに大切で大好きな人なのに未だに慣れない。

ずっと1mm足りとも男を意識せずに、社内の仲の良いお友達だったから、未だに半分まだそんな感じがあるし、たまに夢なんじゃないのかな?とも思ってしまう。

そして、会えない時間が続くとあの頃の2人に戻れそうな錯覚すらしてしまう。


毎回待ち合わせして、顔を見ると不思議な気持ちになる。

とても良く知っている人なのに、今までと違い男を意識する部分があるからかな。

本当に気心しれた彼と、彼の中の男らしさを毎回発見して気持ちがフワフワする。


彼は、待ち合わせ場所で会えても目を合わせてこない。

むしろ私の顔すら見てこない。

恥ずかしくて目を合わせるのが苦手って言ってた。

だからその分、車の中で彼の肩に寄りかかると頭のてっぺんにキスをいっぱいされる。

これでもかって位に。

寝ていてもされてた。

愛情表現が苦手な彼の最大限のアピール。


一歩進んだ話がしたいと思うけど、聞いてしまうともう一緒にいられない予感もするから、ズルくなって、言葉を飲み込んでしまう。

そして無口になる。

全てにおいて白か黒かハッキリさせないと性格的に無理な私なのに、彼の前だけグレーを選び取る。

彼もグレーを選んでくれているのかな。

それとも白黒ハッキリしている中で、グレーを選んでいるだけなのかな。


聞いて見たくなる気持ちも、やっぱり飲み込んでしまう。


あと1時間で彼は起きる。

嫁の隣から離れてくれる。

それから、私は束の間眠ろう。



今日も彼が無事で、幸せな1日でありますように。

早く逢いたいな〜....

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。