奇跡の軌跡

恋に落ちてしまった私の物語 / 私だけが独身

地震

私が住んでいる所は震度4だったけど、鉄骨のアパート?ハイツ?なので、かなり揺れた。

携帯のサイレンが鳴り始めた途端にズドンときた感じ。

町内放送では「大地震発生です!大地震発生です!避難して下さい」とけたたましいサイレン。

棚からは、本だのなんだのパラパラと落ちて来たので、咄嗟に愛犬掴んでベッドの中央に移動。

放心状態に入ったけど1番に考えたのは、やっぱり彼のコト。無事なんだろうか。

今どこにいるんだろう?

今朝連絡がなかったって事は、電車に乗って本社出勤か。

携帯アプリで確認すると、震源地は彼の住んでいる方面。

私の実家も震度6。

彼に電話は出来ないので、とりあえず実家に電話したけど、不通。

こんな時はLINE通話繫がるのは本当ですね。

無事を確認できると、急に怖くなって涙と震えが。


阪神大震災を思い出してしまいました。

あの時も実質被害はなかったけど、本棚の下敷きになり、タンスとか全部倒れ部屋のドアが開かなくなり相当パニックに。


彼にすぐメールすると、やはり会社に出勤していたようで無事との事。

仕事柄、大きな地震が来ると業務がめちゃくちゃ増えるのをわかっていたので、お邪魔にならないよう、以降はメールを控えていましたが、心配してくれたようで、彼からちょくちょく状況報告メールが届きました。

帰る時間が近付いて来ても、鉄道関係が動いておらず、「迎えに行こうか?」とメールしたものの....よく考えたら、私が迎えに行かなくても嫁が迎えに来る?と勝手にまた嫉妬。


と言うか、やっぱりずっと気持ちが落ち着かなくて、こんな災害があった時はやっぱりそばにいて欲しいと強く思ってしまいました。

そばにいれなくても、私の所に帰って来て欲しいと願ってしまいました。

不安です。

1人だと、不安です。


多分そんな気持ちも彼は全部わかっていて、だからこそ激務の合間合間に連絡くれたんだと思う。


結局社内の人が送ってくれる事になったと連絡があり、嫁が迎えに来てくれるの?に対しては、「来るわけないやん!心配メールくれたのは、雪と親戚だけだよ」とびっくりな返信が。


確かに普段から嫁は彼に興味ないってずっと言ってたけど、こんな時ですら連絡取り合わないって...


香水の匂いが移ってしまう心配や、ボディソープの香りで勘付かれない?っていつ聞いても、俺に興味ないし、近寄らないから気付かない!大丈夫と言い切ります。


本当の所はどうなのかわかりませんが、それにしてもスゴイな...と、驚き。


ここ何年も「有難う」なんて言われた事も、感謝された事もないとも言ってた。


彼は虚しくならないのかな。


私だったら毎日、電車で行った日は駅まで迎えに行くし、お夕食も作るし望めばお昼だって作るのにな。


彼の嫁もブログばっかりやってるって言ってたから、もしかして恋愛中?とか思ってしまいます。

もしかして、ここのどこかにいるのかなー?とか想像もたくましくなります。


だとしたら、手離して欲しいんだけどな...


今日仕事が増えたせいで今週会えなくなっちゃうかも。


そして何より今日の地震が本震でありますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。